ABOUT US

K’s Clay Studioは陶芸家片切かすみが2016年10月に津田沼駅から徒歩15分の前原西5丁目にオープンした陶芸工房です。 片切かすみの作品PORTFOLIOはKASUMION ART LABにてご覧いただけます。

香港でイギリス人のセラミックアーティストに師事し、バンコクでは約20年に渡りインターナショナルな環境でコンテンポラリーセラミックアーティストとして活動をしてきました。その経験を生かしこの工房では3つのアクティビティと片切かすみの作品ショップを中心に展開しています。

アクティビティの一つは陶芸をもっと気軽く楽しんでもらうための陶芸体験ワークショップです。 陶芸体験ワークショップは毎週通う教室と異なり1回完結や全2回のワークショップなど気楽に参加していただけます。日常のアイテムから季節に合わせたオリジナルアイテムの他、電動ロクロ&絵付けのワークショップもお楽しみいただけます。

2つ目のアクティビティは陶芸教室です。陶芸を初歩から学びたい、もっとうまくなりたい、作りたいものが作れるようになりたいという方々のために”手びねりコース”と”電動ロクロコース”があります。じっくりと陶芸に楽しみながら取り組んでいただけます。

もう一つは工房が制作する赤ちゃんの足型付き靴、名前は「天使の足あと」です。実際に靴として履けるわけではありませんが、赤ちゃんの可愛い足型をそのままに靴の形にしたものなので、立体感があり手に取る度にいつでも赤ちゃんだった頃の思い出に浸って胸がキュン!としていただけるものと思っています。

小さな工房ですが少人数でゆったりと陶芸を楽しめる空間になっています。

陶芸作家 片切かすみ

1960年生まれ 千葉県船橋市在住
1990年に香港の国際色豊かな環境でコンテンポラリーセラミックアートを学ぶ。

1992年香港美術館分館、茶器文物館主催陶芸展に入選。香港では2人展やチャリティーオークションなど参加。

1994年日本に帰国、工房を設立。独自の色を求めてオリジナル釉薬の制作を本格的に開始。

1996年バンコクに移り自宅にて制作開始、2000年工房設立、陶芸教室、個展、陶芸ギャラリー運営。2010年世界的リゾートホテルSix Senses Con Daoオープンにあたりレストランで使用される食器のオーダーをオリジナルデザインにて制作。またバンコクのConrad hotel内レストランや他多数のレストランのオーダー制作にも従事。
バンコクでの個展及び合同展は2000年から2014年までに16回に及ぶ。また2010年個展では多数のスポンサー、2013年個展では国際交流基金の後援を得、他多数のスポンサーにより開催。

バンコク最大のインターナショナルスクールISBを始め企業のアクティビティやバンコクの日本人小学校、中学校の卒業制作のレクチャーと制作を実施、タイの美術大学であるシラパコン大学でのレクチャーなど活動は多岐に渡る。

現在船橋市の工房にて陶芸教室、ショップを運営。陶芸教室では初心者向けワークショップから電動ろくろ上級まで教える。一人一人の制作したいものに向き合い適切なアドバイスをしている。ショップでは作家としての作品から日常使いのものまでオリジナル作品を販売。

陶芸と言うツールを伝え、表現、制作する楽しさを伝えていきたいと思っている。また若いアーティストを育てることにも力を注ぎたいと考えている

2013年個展作品の動画

個展など

2018年 展覧会

2017年 2月 帰国後初の作品展  雑貨の店もえぎにて

バンコクでの個展等